Franchise Business/Social Lending

  • HOME
  • Franchise・Social Lending

Franchise Business・Social Lending

FC (フランチャイズ)事業

投資家から集金した資金を「複数の事業パートナー(貸付業者・ファクタリング会社)に提供し、ソーシャルレンディング事業を展開します。資産管理にかかる業務手数料の収入に加え、事業パートナー向け債権管理システム提供等、事業パートナー向けWEBマーケティング・サービス提供料、行政コンサルティング料の追加収益を追求します。

1. FC本部としての戦略 
2. 加盟店開発 

3. 商品開発(メニュー・物流等)

4. 店舗開発(立地、物件、設備等)

5. 情報システム(業績数値、顧客情報、情報統計等)

6. 人材育成

7. マーケティング(店舗売上、顧客管理等)

8. 管理面(特に加盟店統制)
これらを強化し、最適化した上で、複数の企業と共に同じ事業を世に広めていかなければなりません。その為に各企業に対して新たなノウハウや手法を伝え、同じ品質、またそれ以上の経営品質を持って、取り組んでもらえる様に支援することが重要です。

ファクタリング
ファクタリングとは売掛債権買取業務のことを言います。決済期日前に売掛債権を第三者に譲渡するなどの方法を用いて資金を調達することを指します。企業の売掛債権を総合的に管理するサービスです。調達できる資金の額は、売掛債権のリスク(信用力)に大きく依存します。売掛債権が発生した直後からできるわけではなく、検収が終了して売掛債権の額面が確定した後になされるのが一般的です。欧米で発達した貿易金融システムで売掛金を主な対象として譲り受けること(「債権譲渡」)債権譲渡とは、債権という財産権の同一性を保持したまま、契約によって債権を移転することをいいます。売掛先の取引先(第三者)が持つ債権を譲り受け回収する方法 もしくは貴社が他社に債権譲渡(売却)で回収を図ります。債権とは、ある人(債権者)が他の人(債務者)に対して一定の行為(給付)を請求する権利です。 債権譲渡とは債権の性質を変えないで債権を移転することである。この点で、当事者間で債権の内容を変更する更改とは異なる。譲渡人は、法人のみに限定されています。 譲渡に係る債権は指名債権であって金銭の支払を目的とするものに限定されています(債務者が特定していない将来債権も登記することができます。)債権譲渡登記がされた場合において、譲渡人若しくは譲受人が当該債権の債務者に登記事項証明書を交付して通知をし、又は債務者が承諾をしたときは、債務者についても確定日付のある証書による通知があったものとみなされ、対抗要件が具備されます。 対抗要件は債権を譲渡した場合には、その債権の譲受人が債務者に対して自分が債権者であることを主張するためには、譲渡人から債務者に対して債権譲渡の事実を通知するか、債務者の承諾を得なければならないこととしています。また、その債権譲渡の事実を債務者以外の第三者、すなわち、債権の二重譲受人、差押債権者、破産管財人などに対して主張するためには、この債務者への通知又は承諾の手続は、確定日付ある証書によって行わなければならないとしています。このように、債権譲渡の事実を債務者や第三者に対して主張するための法律要件が債権譲渡の対抗要件といわれるものです。 債権譲渡登記制度による対抗要件の特例法人が多数の債権を一括して譲渡するような場合には,債務者も多数に及ぶため,全ての債務者に民法所定の通知などの手続をとらなければならないとすると、手続・費用の面で負担が重く、実務的に対抗要件を具備することは困難となります。そこで、債権譲渡の第三者対抗要件に関する民法の特例として,法人がする金銭債権の譲渡等については、登記をすることにより債務者以外の第三者に対する対抗要件を得ることができるとしたものが、債権譲渡登記制度です。
債権譲渡登記制度
債権譲渡登記ファイルに記録することにより当該債権の債務者以外の第三者について,民法第467条の規定による確定日付のある証書による通知があったものとみなされ,第三者対抗要件が具備されます。譲渡人は,法人のみに限定されています。 譲渡に係る債権は指名債権であって金銭の支払を目的とするものに限定されています(債務者が特定していない将来債権も登記することができます) 債権譲渡登記がされた場合において、譲渡人若しくは譲受人が当該債権の債務者に登記事項証明書を交付して通知をし、又は債務者が承諾をしたときは、債務者についても確定日付のある証書による通知があったものとみなされ、対抗要件が具備されます 債権譲渡登記制度は法人がする金銭債権の譲渡や金銭債権を目的とする質権の設定について、簡便に債務者以外の第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。金銭債権の譲渡又は金銭債権を目的とする質権設定をしたことを第三者に対抗するためには、原則として、確定日付ある証書によって債務者に対する通知を行うか、又は、債務者の承諾を得なければなりませんが、法人が金銭債権を譲渡した場合又は金銭債権を目的とする質権設定をした場合には、債権譲渡登記所に登記をすれば、第三者にその旨を対抗することができます。債権譲渡登記制度は、債権流動化をはじめとする法人の資金調達手段の多様化の状況に鑑み、法人が金銭債権の譲渡などをする場合の簡便な対抗要件制度企業が有する資産を有効に活用し、更なる資金調達の円滑化・多様化を図るため、債務者が特定していない将来債権の譲渡についても、登記によって第三者に対する対抗要件を備えることが可能となりました。 登記の種類には、「債権譲渡登記」「質権設定登記」「延長登記」及び「抹消登記」があります。また,登記の申請には、登記の種類に応じて以下の登録免許税を納付する必要があります。登録免許税は、収入印紙又は収納機関等発行の領収証書で納める必要があります支払人の信用リスクと回収管理業務を合わせ引き受ける総合的な債権管理サービスです。ファクタリング会社を「債権買取会社」というのはこのためです。 国際ファクタリングは、輸出取引においてその代金の回収を確実にするために採用される方法の一つ 
輸出代金回収
一流銀行の取消不能信用状(Irrevocable Letter of Credit)や保証状(Letter of Guarantee、Stand-by Letter of Credit)を入手するほか、輸出国における輸出貿易保険等を利用するのが一般的です。
ただし、追加費用の発生や手続きの煩雑さに加え、輸入国の制度により信用状等の発行が難しい場合もありますので、輸入業者の信用リスクを回避したうえで商談を実現させる場合、ファクタリングという民間機関の機能を利用する方法があります。例えば、輸出代金を船積後30日後に送金するという決済条件の提示がある場合、その輸出代金債権についてファクタリング会社から100%の支払保証を取得し、輸出契約に結びつけることが可能です。
国際ファクタリング
世界各国のファクタリング会社が連携して安全に代金回収、資金化を手助けする国際的な組織を作りあげています。有力な組織としてはFactors Chain InternationalやFactor International Groupがあり、日本の大手銀行系のファクタリング会社が参加しています。
ファクタリング
輸入者の不払いなど信用事故のみをカバーし、非常危険やマーケットクレームのような係争事由等は担保されないことに注意が必要です。ファクタリング手数料は輸出業者が負担するのが原則とされています。 日本での国際ファクタリングの一般的な仕組みと業務の流れは次のとおりです 輸出業者とは日本のファクタリング会社に輸入業者の信用保証の引受け(与信枠の設定)を依頼し、信用限度額の設定、期間等を打ち合わせます(期間は一般に180日以内の短期が主体です)。日本のファクタリング会社は外国の提携ファクタリング会社に保証引受けを打診します。外国提携ファクタリング会社は輸入業者の信用を調査し、受諾通知を行います。 輸出業者は輸入業者に国際ファクタリングの利用を通知します。輸入業者の了解を得て売買契約を締結します。輸出船積書類は原則として輸入業者に直送し、ファクタリング会社にはその写しを送付します。 輸入業者は支払期日に外国の提携ファクタリング会社に代金を支払います。外国ファクタリング会社は代金を日本の指定銀行に送金、その後輸出業者に代金が支払われるのが一般的です。なお、輸出業者より資金繰り等の理由で期日前の支払い要請があれば、日本のファクタリング会社は支払期日前の手形の買取や立替払いなどを実施することがあります。また万一、支払期日に代金が不払いとなった場合でも、日本のファクタリング会社および外国のファクターが連携して支払いが保証されます。
国際ファクタリング
利用に際しての一般的な費用概算 丸信用調査費 1万円程度。調査内容変更の場合は追加費用がかかります。保証料:インボイス金額に対し1カ月あたり0.7%から2.0%、またはフラットレート(個別交渉となります)が適用され、月次ベースで支払うのが一般的です。その他:通信費など個別料金が請求される場合があります。売掛債権流動化に関わる財務ソリューションとして、「売掛債権の証券化」「ファクタリング」「売掛債権担保融資」について 売掛債権証券化においては、企業は保有している売掛債権をSPVと呼ばれる特定目的法人に譲渡することで、その対価として資金を受け取ります。SPVというのは資産(この場合、売掛債権)を買取り、資産が生み出すキャッシュフロー(この場合、決済期日に入金される代金)を裏付けに証券を投資家に発行する事業体であり、証券化に当って企業と投資家の媒介役を果たします。(金融商品取引法) ファクタリングにおいても、企業が売掛債権を譲渡して対価として資金を受け取ることは同様ですが、譲渡先がファクターと呼ばれる企業となります。証券化とは異なりファクタリングは相対取引が基本です。ファクターは売掛債権を多数の投資家に転売する訳ではなく、売掛先から債権を回収します。 売掛債権担保融資では、売掛債権の信用力を担保にして融資を受けることで資金調達を行います。この方法は融資ですから、何れかのタイミングで調達した資金を返済する必要があります。また、売掛債権が果たす役割が他の2つのソリューションと異なります。売掛債権は 売却されるのではなく、債務不履行時の弁済手段として売掛債権が譲担保される。(貸金業法) ファクタリング会社(ファクター)は、取引先企業(クライアント)が売掛先(カスタマー)に商品などを売って得た売掛債権や手形を割り引いて買い取り、その管理、回収を行うとともに、売掛先の信用を調査し、みずからの判断に基づいて貸倒れのリスクを引き受け、また売掛金に対する前払金融を行う。売手企業にとっては、売掛代金の管理、回収という煩わしい業務から解放され,貸倒れリスクも回避でき、併せて金融も受けられることになる。

 

ライオンズフィデス・パートナーズ(LFP) ソーシャルレンディングの特徴

ソーシャルレンディング  (SL)事業 (事業①)オンラインで集金した資金事業パートナー(第三者の貸金業・ファクタリング会社)に提供ソーシャルレンディング向けサービスサイトを運用開始 投資助言者として上場株式・有価証券の助言サービス(事業②)  従来のSL業者と異なる多様な収益機会を追求

2つの事業:①事業融資・金銭債権(ディストレスト)買取(SL業)②投資助言3つの収益:①業務委託料(SL業) ②助言料 ③コンサルティングシステム提供料 (対事業パートナー・貸金付対象会社)

広範な収益機会を捉えるため、厳選された事業パートナーと連携自己資金運用以上の目線で選別された事業パートナーによる運用
「ライオンズフィデス・パートナーズ株式会社(LFP)」は、投資家からオンライン集金した資金を「複数の事業パートナー(貸金業者・ファクタリング会社)」に提携し、ライオンズフィデス・パートナーズ(LFP)ソーシャルレンディング事業を展開します。

  • 貸付型ファンド及び事業方ファンド(主たる投資対象が有価証券以外)の私募取扱い(相対取引)
  • 貸付ファンド及び事業型ファンドの私募取扱い(電子募集・オンライン取引)
  • 投資助言代理業者として、上場株式等の有価証券に関わる投資助言を(オンライン取引)提供
  • 事業パートナー(貸金業者・ファクタリング業者)に対するシステム・サービス提供
  • 債権管理システム
  • Webマーケティング・メディア広告LPサービス
  • 行政コンサルティングサービス

ライオンズフィデス・パートナーズ(LFP)ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングとは金融の最も新しい時代のカタチです。ライオンズフィデス・パートナーズ(LFP)ソーシャルレンディングは「お金を借りたいニーズ」と「お金を運用したいニーズ」を結びつける、金融マーケットです。借手は少ない金利負担でお金を借りられる場所を求めています。投資家はリスクを取る分、利回りのいい資産運用ができる場所を求めています。私たちがサポートすることは、投資家から集めたお金を借手に貸して運用すること。LFPソーシャルレンディングは、最も新しい時代のシンプルな金融の仕組みを通じて最も必要とされる金融サービスを提供します。